HOME  |  お問合せ  |  サイトマップ  |  リンク集  |  創晶プロジェクト  |  創晶應心
会社情報 事業内容 FAQ 新着情報 ニュースリリース
新着情報 news


2017-05-23  
 
題名: BIO Tech 2017で口頭発表とポスター展示
日時: 2017年6月28〜30日
会場: 東京ビッグサイト西展示棟2F 西3・4ホール
詳細: http://www.bio-t.jp/ja/Home/
内容:
BIO Tech 2017内で開催される第14回アカデミック フォーラムにて、当社代表取締役社長の安達宏昭(大阪大学招へい教授)が「医薬品開発に役立つ結晶化と結晶多形制御技術」と題して、口頭発表とポスター展示を行います。【ブース番号:C-26、口頭発表会場:ACA-3、発表日時:6月28日11:10〜11:40】
 


2017-05-01  
 
題名: 第161委員会第100回研究会「未来を拓く結晶成長の科学と技術」にて講演
日時: 2017年5月12日
会場: 学習院大学百周年記念会館(東京都豊島区)
詳細: http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/~hfujioka/161/100.html
内容:
日本学術振興会 結晶成長の科学と技術第161委員会の第100回記念研究会「未来を拓く結晶成長の科学と技術」におきまして、当社代表取締役の森勇介(大阪大学教授)が「結晶から展開した産学連携・異分野連携とベンチャー起業」と題して、講演します。参加登録が必要ですので、事前にご登録いただければ幸いです。
 


2017-04-17  
 
題名: 月刊「化学」2017年5月号に記事掲載
日時: 2017年4月18日
詳細: https://www.kagakudojin.co.jp/book/b286335.html
内容:
化学同人が発行する月刊「化学」2017年5月号の解説(Research article)に、「結晶を壊して大きくする!?―セレンディピティ―と異分野連携が生んだタンパク質結晶育成法」(吉川洋史、丸山美帆子)が掲載されました。
 


2017-04-03  
 
題名: 「科学立国 日本を築く Part II−次代を拓く気鋭の研究者たち−」に分担執筆
日時: 2017年3月
詳細: http://pub.nikkan.co.jp/books/detail/00003137
内容:
日刊工業新聞社から新刊「科学立国 日本を築く Part II−次代を拓く気鋭の研究者たち−」(榊裕之監修)が出版されました。弊社顧問の高野和文(京都府立大学教授)が第6章「エレクトロニクスの生体応用への新展開」の第2節「レーザーによるタンパク質結晶の作製と加工」を執筆しました。【195〜201ページ】
 


2017-03-17  
 
題名: 「CPhI Japan 2017」のご案内
日時: 2017年4月19〜21日
会場: 東京ビッグサイト 東1・2・3ホール
詳細: http://www.cphijapan.com/
内容:
「CPhI Japan 2017(国際医薬品原料・中間体展)」の三菱商事株式会社のブースにて、株式会社創晶のご紹介をいたします。医薬候補化合物(有機低分子)やタンパク質の結晶化・X線結晶構造解析受託について、ご興味がございましたら、ブースにお立ち寄りください。【ブース番号:M-10】
 


2017-03-15  
 
題名: 第3回国際創薬シンポジウムにて発表
日時: 2017年3月26日
会場: 仙台国際センター
詳細: http://nenkai.pharm.or.jp/137/web/en/symposium.html
内容:
第3回国際創薬シンポジウム(3rd International Symposium for Medicinal Sciences:ISMS)のInvited Poster Presentationにて、原子間力顕微鏡(AFM)観察による低分子化合物の結晶多形に関する研究成果を口頭とポスターで発表します。【26G-ISMS17】Atomic-Scale Investigation on Acetaminophen Crystals with Stable and Metastable Phases by Frequency Modulation Atomic Force Microscopy in Aqueous Solution
 


2017-03-14  
 
題名: 平成28年度京都府公立大学法人学生等表彰で受賞
日時: 2017年3月14日
会場: 京都府立京都学・歴彩館 1階小ホール
内容:
本日、平成28年度京都府公立大学法人学生等表彰式が開催され、創晶プロジェクトメンバーの丸山美帆子(京都府立大学特任講師)が、若手研究者育成支援関係の区分で、表彰されました。表彰理由は、結晶の成長機構をフェムト秒レーザーにより制御する全く新しい研究に取り組み、その研究成果が「ネイチャー フォトニクス」に掲載されたことによるものです。
 


2017-03-01  
 
題名: 第64回応用物理学会春季学術講演会にて招待講演
日時: 2017年3月14〜17日
会場: パシフィコ横浜
詳細: http://meeting.jsap.or.jp/index.html
内容:
第64回応用物理学会春季学術講演会にて、医薬化合物アセトアミノフェンに関する研究成果が招待講演に選出され、口頭発表します。【14a-B5-1】溶液媒介相転移による医薬化合物アセトアミノフェンの準安定形成長(供法米K棔⊃后高橋、丸山、吉川、岡田、安達、杉山、高野、村上、松村、井上、塚本、吉村、森)
 


2017-02-15  
 
題名: 京都ビジネス交流フェア2017で紹介
日時: 2017年3月1〜2日
会場: 京都パルスプラザ
詳細: https://www.ki21.jp/bp2017/
内容:
京都ビジネス交流フェア2017におきまして、シバタシステムサービス社のブースにおきまして、バイオ関連や再生医療の分野での研究支援ツールをご紹介いたします。シバタシステムサービス社は、当社から販売しております「クリスタルキャッチャー」や「マイクロナイフ」、「クリスタルリムーバー」などを製造していただいております。
 


2017-02-10  
 
題名: 「EY新日本企業成長サミット2017 in Kansai」にて講演
日時: 2017年3月10日 13:00〜18:00
会場: ナレッジキャピタルコングレコンベンションセンター ホールC(大阪市北区)
詳細: https://www.shinnihon.or.jp/seminar/kansai2017/index.html
内容:
新日本有限責任監査法人とEY新日本クリエーション株式会社が主催する「EY新日本企業成長サミット2017 in Kansai-関西イノベーションプラットフォームの構築-」のプログラム1「ライフサイエンス業界のイノベーションとKansai の可能性」におきまして、当社代表取締役社長の安達宏昭がパネラーとして講演します。
 


2017-02-06  
 
題名: FIRM輸送ガイドの事例を交えた解説セミナーにて講演
日時: 2017年2月27日
会場: 日本橋ライフサイエンスハブ8階
詳細: http://www.aeplan.co.jp/rmdg/index.html
内容:
一般社団法人再生医療イノベーションフォーラム(FIRM)が主催する「FIRM輸送ガイドの事例を交えた解説セミナー」にて、当社が業務提携している柴又運輸株式会社が講演します。高品質で安全な結晶輸送サービス「シバックス・クリスタル・ライン」や、iPS細胞等の輸送サービス「シバックス・メディカル・ライン」の実例をご紹介いたします。
 


2017-01-30  
 
題名: 第381回CBI学会講演会にて講演
日時: 2017年2月16日
会場: 東京大学山上会館2階 大会議室(東京都文京区)
詳細: http://cbi-society.org/home/documents/seminar/2017to20/20170216.html
内容:
第381回CBI学会講演会「難解析性タンパク質の構造解析手法の新展開」にて、当社顧問の村上聡(東京工業大学教授)が「多剤排出トランスポーター複合体の動的な構造解析」と題して、講演いたします。
 


2017-01-24  
 
題名: メディカルジャパン2017大阪にて発表
日時: 2017年2月15日13:30〜14:00
会場: インテックス大阪1号館(セミナー会場U)
詳細: http://www.medical-jpn.jp/Home/
内容:
メディカルジャパン2017大阪(第3回日本医療総合展)の「関西広域連合 研究成果企業化促進セミナー」におきまして、弊社顧問の松村浩由(立命館大学教授)が、「創薬に貢献するタンパク質結晶化技術」と題して、口頭発表します。
 


2017-01-23  
 
題名: 【日刊工業新聞】第18回キャンパスベンチャーグランプリ大阪
日時: 2017年1月23日
詳細: http://www.cvg-nikkan.jp/index/osaka/
内容:
「第18回キャンパスベンチャーグランプリ(CVG)大阪」の表彰式と発表会が本日、大阪市内で行われる。今回のCVG大阪には、33の大学や専門学校から122件の応募があった。書類審査と最終審査会を経て、17件の各賞受賞者が決定した。当社代表取締役社長の安達宏昭はビジネス部門の審査委員を務め、「学生らしい視点で、身の丈に合ったビジネスプランが目立ち、身近なところにイノベーションが潜むことをあらためて実感した。書類審査では教科書的にプランを仕上げた案件が多数あり、基礎や基本を学ぶ良い機会となっており、喜ばしいことではあるが、机上の空論ではもったいない。さらに踏み込んで、視点を変えてビジネスプランを深掘りしてほしい。」などとコメントした。
 


2017-01-20  
 
題名: 第63回教育研究会(音楽科目)にて発表・協議
日時: 2017年2月4日
会場: 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎・大阪教育大学附属天王寺中学校
詳細: http://www.tennoji-h.oku.ed.jp/tennoji/kenkyubu/kenkyukai/index.html
内容:
第63回教育研究会「学びの自立を目指す評価の工夫と改善〜アクティブラーニングってなに?〜」の音楽科目におきまして、当社代表取締役の森勇介(大阪大学教授)が協議講師を務めます。当日は音楽の公開授業(授業者:今出望)もございます。ご参加を希望される方は、上記HPより参加申し込みをお願いします。
 



新着情報一覧


-Old News-


著作権について
 
 
Copyright (C) 2003-2017 SOSHO. All Rights Reserved