HOME  |  お問合せ  |  サイトマップ  |  リンク集  |  創晶プロジェクト  |  創晶應心
会社情報 事業内容 FAQ 新着情報 ニュースリリース
事業内容 products & services





FAQ



問い合わせ



  • 創晶が保有する結晶化技術について教えてください。

  • 【レーザー核発生技術】
  • 「レーザー核発生技術」ついて教えてください。
  • レーザー照射による悪影響はないのですか?
  • レーザー照射を用いた検討事例を教えてください。
  • レーザー照射のタイミングを教えてください。
  • 結晶化溶液へのレーザー照射のみを委託することも可能ですか?

  • 【固相ゲル結晶化法】
  • タンパク質結晶化に活用できるGAIN法(固相ゲル結晶化法)について教えてください。
  • GAIN法の有効性について教えてください。
  • 「固相ゲル結晶化法」(GAIN法)を試すには、どうすれば良いですか?
  • ゲル中に析出した結晶は、どのように扱えばいいですか?

  • 【溶液撹拌】
  • タンパク質の結晶化では静置が良いと聞きますが、撹拌による悪影響はないですか?
  • どのような効果が期待できますか?

  • 【結晶輸送】
  • 結晶の輸送方法について教えてください。
  • シバックス・クリスタル・ラインの使用例を教えてください。
  • Cry Box(クリボックス)の使用例を教えてください。




  • 創晶が保有する結晶化技術について教えてください。
  • 弊社は、「異分野連携による革新技術」と「蓄積された知識と経験」を強みとし、タンパク質や医薬候補化合物である有機低分子などの結晶化受託を行っております。弊社特許保有の技術である「レーザー核発生」「固相ゲル結晶化法」を始め、「溶液撹拌」による結晶高品質化技術を結晶化受託サンプルに適用できるよう、メニューを取り揃えております。
    また、受託で作製した結晶を安定した状態でお引渡しするため、「結晶輸送」に関するサービスも充実させております。

    【レーザー核発生技術】
  • 「レーザー核発生技術」ついて教えてください。
  • 「レーザー核発生」とは、結晶化溶液に集光したフェムト秒レーザー光を照射することにより、結晶核の発生を促進させる技術です。きわめて短い時間に高強度の光を空間的にも時間的にも集中させることで、レーザー光を吸収しない溶液においても、多光子吸収という特殊な現象を起こすことができます。それにより、溶液内の集光点で衝撃波や気泡が発生し、局所的な濃度上昇が起こることで、強制的な核発生につながります。本技術は、物理的な現象を誘起する技術なので、タンパク質、有機低分子に関わらず広く適用できる技術です。

  • レーザー照射による悪影響はないのですか?
  • 照射するレーザー光は、結晶化溶液中に局所的に集光し、非常に瞬間的な作用となるため熱の発生はなく、タンパク質の変性や、光による分子の分解などの悪影響はありません。これまで扱ってきたタンパク質や有機低分子材料において、レーザー照射が問題になったことはありません。

  • レーザー照射を用いた検討事例を教えてください。
  • 結晶化スクリーニングの場合、レーザー照射により強制的な核発生を促進させることで、より多くの結晶化条件を見つけられる可能性が高まります。
    自然核発生しづらい低過飽和度の溶液にレーザー照射することで、結晶核数を抑制しながら、結晶を作製することが可能です。X線構造解析など、高品質結晶が必要な場合に効果が期待できます。

  • レーザー照射のタイミングを教えてください。
  • 溶液へのレーザー照射は、より過飽和度を高めた状態で実施することにより、核析出の確率が高まると考えます。よって、レーザー照射は、溶液の状態を観察しながら、弊社で最適と思われるタイミングで行います。結晶化析出しない場合は、再照射を繰り返し、核発生を促します。

  • 結晶化溶液へのレーザー照射のみを委託することも可能ですか?
  • ご相談に応じて対応可能です。気軽に弊社までお問い合わせください。

    【固相ゲル結晶化法】
  • タンパク質結晶化に活用できるGAIN法(固相ゲル結晶化法)について教えてください。
  • GAIN法は「Gel Advanced Improvement & Nucleation」の略称で、弊社で特許を取得しているゲル(固相)を用いた結晶化手法の一種です。

  • GAIN法の有効性について教えてください。
  • 主要な効果は以下の2点で、卵白リゾチームやグルコースイソメラーゼをはじめとしたモデルタンパク質の他、複数のサンプルで効果が確認されています。結果として、本法活用により、高精度なX線結晶構造解析が期待でき、特に近年増加傾向にある難水溶性化合物ソーキングによる構造解析に威力を発揮します。

    結晶の機械的強度の向上1), 2):タンパク質結晶作製後のクライオ操作やDMSOに溶解した難水溶性化合物の薬剤ソーキングに対する耐性向上が期待できます。
    核発生確率の向上3):再現性向上や結晶化スクリーニングのヒット確率の向上が期待できます。

    1)Growth of Protein Crystals in Hydrogels Prevents Osmotic Shock; J. Am. Chem. Soc. 134 (2012) 5786-5789
    2)Effect of Evaporation on Protein Crystals Grown in Semi-Solid Agarose Hydrogel; Jpn. J. Appl. Phys. 50 (2011) 025502
    3)Promotion of Crystal Nucleation of Protein by Semi-Solid Agarose Gel; Appl. Phys. Express 2 (2009) 125501

  • 「固相ゲル結晶化法」(GAIN法)を試すには、どうすれば良いですか?
  • 弊社では、本方法をできる限り多くのお客様にご活用いただくため、「ゲル中結晶作製」を目的とした結晶化受託と、お客様の手元でお試しいただけるゲルを用いた商品「GAINプレート」をご用意しております。
    結晶化受託では、お客様のタンパク質サンプルをお預かりし、GAIN法に関する様々な手法を適用しながら、DMSOソーキング耐性向上の可能性のある「ゲル中結晶の作製方法」を検討します。最終的に、お客様自身で本方法をご活用いただけるようアフターフォローも行いますので、お試しいただく最初の一歩として最適です。
    お客様の手元でお試しいただける「GAINプレート」製品は、アズワン社製VIOLAMOプレートに、予めゲルを分注したプレートです。結晶化手順は、通常結晶化法と同じで、自動結晶化ロボットへの適用も可能です。詳細は、製品情報をご参照ください。お問い合わせいただければ、検討過程での疑問点にもお答えいたしますので、お気軽にご連絡ください。

  • ゲル中に析出した結晶は、どのように扱えばいいですか?
  • ゲルに包まれた状態の結晶を取り出す場合、汎用されている結晶マウント用のナイロンループで直接取り出すことが難しい場合があります。その場合は、弊社開発ツールであるマイクロナイフマイクロキャッチャーなどのご使用をお勧めします。

    【溶液撹拌】
  • タンパク質の結晶化では静置が良いと聞きますが、撹拌による悪影響はないですか?
  • タンパク質結晶はデリケートな材料であるため、溶液を撹拌すると変性や結晶が崩れるなどの問題が生じる場合があります。しかしながら、溶液撹拌技術は、他の材料の結晶育成において高品質化や大型化の際に、一般的に使用されています。弊社では、タンパク質も同様に、撹拌による溶液状態の制御が有効であると考え、技術開発を行ってきました。
    弊社で開発した高機能撹拌制御装置を用いることで、刺激の少ない滑らかな溶液撹拌を実現するとともに、長時間の撹拌操作により発生する装置からの熱を極力抑えることで、溶液撹拌のメリットを最大限に引き出すことが可能となりました。

  • どのような効果が期待できますか?
  • これまでの実績としては、結晶形状の改善、X線の回折点や分解能の向上効果4)が複数のサンプルで確認されています。
    4)Improving the Quality of Protein Crystals Using Stirring Crystallization; J. J. Appl. Phys. 43 (2004) L522-L525

    【結晶輸送】
  • 結晶の輸送方法について教えてください。
  • 結晶は一般的に温度変化に影響を受けやすく、特に、タンパク質結晶は非常に脆く、振動などの外部からの刺激に対しても非常に敏感です。弊社では、社内実験を重ね、作製した結晶をできる限り良い状態でお客様の手元にお届けするため、各種結晶輸送サービスを揃えております。お客様のご要望により、下記の3種よりご選択いただけます。詳細は、気軽に弊社までお問い合わせください。

    サービス名 シバックス・
    クリスタル・ライン
    Cry Box
    (クリボックス)
    (通常)宅配便
    ポイント 緻密な温度管理、振動対策専用車での輸送 温度管理に優れた専用Boxでの宅配便輸送
    輸送対象 温度、振動に影響の大きなタンパク質結晶 温度に敏感な結晶 左記以外
    対応温度帯 ご指定の温度帯で定温輸送(3〜45℃) 20℃での定温輸送 常温/冷蔵(外気温に左右される)
    振動 振動対策済み 非対応 非対応
    費用 【例】弊社〜関東圏の輸送で\50000〜60000(税別) 無料(結晶化受託の費用に含まれます) 無料(結晶化受託の費用に含まれます)
    備考
    国内のみ(沖縄、離島を除く)
    弊社での結晶化受託に関係なく、利用可能です
    Cry Box返送費用は、お客様負担となります

  • シバックス・クリスタル・ラインの使用例を教えてください。
  • タンパク質結晶を結晶化プレートのまま目的地(国内のみ;沖縄、離島を除く)までお届けします。弊社での結晶化受託で得られた結晶の輸送に限らず、お客様の手元から放射光施設などへ結晶化プレートを輸送される場合や、結晶化バイアル、細胞などの輸送にもご活用いただけます。詳細は、お問い合わせください。

  • Cry Box(クリボックス)の使用例を教えてください。
  • 結晶化受託で、20℃にて得られた有機低分子結晶を結晶化バイアルのままお客様の手元にお届けする場合にご利用いただけます。振動対策には非対応ですので、振動を気にされる場合は、Cry Boxをハンドキャリーされるか、シバックス・クリスタル・ラインのご利用をお勧めします。







    著作権について
     
     
    Copyright (C) 2003-2017 SOSHO. All Rights Reserved